痛い!かゆい!イラガに刺された…そのあとの対処法は?

こんばんは^^花音の森の代表・堀です。

先日、お庭の仕事に出かける準備をしていたら…

突然、手に刺激が!!!

痛くて何だ!?と一瞬パニックになりました。。。

イラガって知ってます?

この痛みの正体は、「イラガ」という毒虫に刺されたことによるもの。

7~10月頃に幼虫が発生し、柿やサクラ、カシ、ヤマボウシなど、幅広い樹木につく虫です。

見た目は黄緑色の派手な感じで、星形にも見えて、一瞬可愛らしそうな気もします(笑)*写真は載せません。気になる人は検索してみてください~

が、別名・デンキムシと言われ、刺された瞬間、「痛い!!!」と思わず言ってしまうほど…(涙)

今年は長雨の影響が大きく、イラガが発生しているおうちも多いようです。

花音の森にも現れましたが、薬剤を使って消毒をしたりしていませんので、見つけたら、捨てる。を繰り返していました。

だいたい、木の葉の裏に付いていることが多く、「いるな、これ」と分かるので、注意深く取れば、刺されることはありません。

が、今回はどこからか「ぽとり」と落ちたようで…

苗の中にいたのですよ…( ;∀;)

イラガに刺されたら…

そうはいっても、庭の仕事をしていると、数年に1回位はどうしたって刺されます(笑)

その時のために、抗ヒスタミン軟膏を持っておりますので、落ち着いて対処を。

刺された部分をしっかり水で洗っていると、段々と痛みが治まってきました。

そのあと、薬を塗ります。

ただし、かゆみが強烈でぶり返すので…しばらくはお薬を持ち歩いて、こまめに塗るようにします。

あ、持ち歩いているものがもう1つ。

それは「保冷剤」です。

かゆみを抑えるのに、冷やすといい気がしますが、これ、常温に出しておいた、いわゆる効果がなさそうな状態(ぬるい状態)になったものがいいんです。

急激に冷やしすぎてしまうと、一瞬忘れますが、刺激になりそのあとまたぶり返すので…

ぬるいくらいがちょうどいい。

と教えてもらってから、そうしています。

害虫対策は日頃の注意深い観察が大切

虫って嫌ですよね…私だって、好きではないです。

でも、虫が発生しないような庭作りや管理が基本にあり、植物を注意深く観察し、発生した時には取り除けばいいこと。

むやみやたらに怖がる必要もありません。

たまには痛い目に合うこともありますが(笑)、痛い目から反省することもあります。

今回は『手袋をするのをめんどくさがった』から悪かったのです。

9月・10月は意外と虫の発生が多い季節ですので、ちょっとだからと気を抜かず、植物に触れるようにします。

自然からの学びは尽きませんね^^

レンタル形式寄せ植えカフェ店舗会社におすすめ