あげる水の量はどれくらい?時間帯は?植物が元気に育つ水やりのコツ

埼玉県熊谷市で、花壇植え込みなどお庭づくり&ハーブとガーデニングとアロマの教室をやっています、花音の堀です。

さてさて今日は、植物の生命線ともいえる「水」についてのお話です。

うまく植物を育てるには、この水ってすごーーーーく大事で!

水加減がうまくいっていれば、植物は元気にすくすく育つし、失敗しているとうまく育たない最大の原因に。。。

この水やりのコツをつかむまで3年かかるという、「水やり3年」なんていう言葉も園芸業界にはあったりして(笑)

植物にあげる水の量はどのくらいが適量??

さて、こちらの寄せ植えをご覧ください。

植物の育て方基礎クラス埼玉群馬

「この寄せ植えに適した、1回にあげる水の量はどのくらいでしょうか?」

答えは、約6リットルです。

…多いですよね、よくびっくりされます(笑)

お水やりのコツは、毎日水をあげないこと^^

根は、水を求めて、伸びていき、あちこちに根を張るしくみを持っています。

毎日お水をあげていると、さぼって根を張ることをやめてしまいます。(これが根腐れを引き起こします)

なので、あげる時にはたっぷりの量をあげて、次に必要な時まで水はあげないことが大事なのです。

メリハリですね!!

そのためには、1回6リットルくらい、たっぷり時間をかけて、お水をあげてくださいね♪

毎日ちょろちょろと少しの量ではなくて、しっかりが基本です~

植物に水をあげる時間は?

そしてもう1つ。

これから夏場を迎えるので、特に気を付けてほしいのが、水をあげる時間帯。

植物の性質は、午前中から約8時間かけて、光合成をします。

光合成をする際に必要なのが「水分」。

車で言ったらガソリンのような存在です。

その時に水がないと、光合成をうまくすることができませんので、特に活発に光合成をする午前中には、水を補給しておきたいのです^^

できれば朝9時までに、水をたっぷりあげてください。

この時間が12時などになると、ガソリン切れな状態なことと、夏場は気温の上昇とともに、鉢の中の水分の温度も上昇してしまって、結果植物は傷んでしまいます。

夜は光合成をお休みしていますから、瀕死な状態なら別ですが、夜あげるなら翌朝にしてあげてください~。

ぜひ実践してみてくださいね^^

埼玉県熊谷市にある花音-kanon-は、植物のある暮らしで大切な人の健康寿命を延ばそう!という取り組み「ガーデンセラピー」に特化した講座の開催やお庭作りをしています。

花音アトリエは、JR籠原駅から南へ約1.5キロほどの場所です(熊谷市立三尻中学校近く)
場所の詳細については、お申込の方へ直接お伝えしております/完全予約制です

駐車場自宅2台/満車時はコインパーキングの利用をお願いしております(料金は当社負担)
アトリエの最寄り駅は、JR東京上野ライン・湘南新宿ラインの籠原駅です。電車をご利用の方は送迎致します。

埼玉県熊谷市・深谷市・行田市・東松山市・寄居町・美里町・秩父市・本庄市・鴻巣市・北本市・羽生市・加須市・川越市・群馬県太田市・高崎市・前橋市などから、レッスンにお越しいただいています

★ガーデンセラピーの教室花音LINE
レッスンのご案内は、LINEでしております
友だち追加