梅雨入り前にすぐやろう♪植物梅雨対策の方法

埼玉県熊谷市で、花壇植え込みなどお庭づくり&ハーブとガーデニングとアロマの教室をやっています、花音の堀です。

お庭の植物や寄せ植えたちにとって、一年で一番嫌な季節が、「梅雨~猛暑」です。

6月~8月までは、要注意!!!なんですよ。

夏の暑さが大好きでへっちゃらな植物を除き、一般的な植物にとっては、過酷な季節になります。

こんなハーブたちにとっては、本当にかわいそうな季節です…(涙)

とにかく毎年、無事に夏を越してね~と願うばかり。。。

今日は梅雨入り前に、ぜひやっておきたい梅雨対策をまとめました!参考になさってみてください^^

1、風通しをよくする

春先からぐーんと大きく生長してくれた植物たちの株元を見てみてください。

このくらい間があれば大丈夫ですが、株と株の間の空間がないくらい大きく育っている場合には、植物をすこし切ってあげてください。

じめじめしていて、風がうまく通らないと、植物は枯れてしまいます。

風の通り道を確保するために、全体の株のサイズの3分の1を目安に、根元からカットして、枝数を減らします。

人間でいうところの、髪の毛をすく。っていうようなイメージでしょうか♪

2、腐葉土でマルチングをする

土の上に、うっすら腐葉土をしいてあげます。これをマルチングと呼んでいますよ^^

【マルチングの効果】

・雨が強く当たった時に、跳ね返った泥水がもとで、植物が枯れることがありますので、跳ね返り防止になります。

・土の乾燥を防ぐのと同時に、温度変化を緩和する作用があるので、夏の暑さから身を守ることができます。

マルチングは、夏だけでなく1年中効果的ですので、おすすめです!

私は腐葉土ですることが多いのですが、バークチップ・わら・刈り取った草などでも対応可能ですよ。

3、鉢植えはお引越しを

寄せ植えや鉢で管理している植物は、鉢を移動できるというのが最大のメリット♪

鉢同士はあまりくっつけず、広めの間を取って、配置しなおします。

また、雨が当たると植物は腐ることがありますので、大切な植物たちは、軒下など雨がかからないところに避難させてあげましょう。

あまり場所がないわ…という方は、コンクリートに直置きはせず、レンガの上に置く・何かの台の上に置くなどするのも効果的ですよ。

コンクリートの熱を直に受けることにより、植物の根が弱り、ひいては株全体を枯らしたり、病害虫にやられやすくなります。

以上、梅雨入りする前にできる、梅雨対策のコツでした^^

やれること1つでもいいので、ぜひやってみてくださいね~

★現在、こちらの1DAYレッスン申込み受付中です★

埼玉県熊谷市にある花音-kanon-は、植物のある暮らしで大切な人の健康寿命を延ばそう!という取り組み「ガーデンセラピー」に特化した講座の開催やお庭作りをしています。

花音アトリエは、JR籠原駅から南へ約1.5キロほどの場所です(熊谷市立三尻中学校近く)
場所の詳細については、お申込の方へ直接お伝えしております/完全予約制です

駐車場自宅2台/満車時はコインパーキングの利用をお願いしております(料金は当社負担)
アトリエの最寄り駅は、JR東京上野ライン・湘南新宿ラインの籠原駅です。電車をご利用の方は送迎致します。

埼玉県熊谷市・深谷市・行田市・東松山市・寄居町・美里町・秩父市・本庄市・鴻巣市・北本市・羽生市・加須市・川越市・群馬県太田市・高崎市・前橋市などから、レッスンにお越しいただいています

★ガーデンセラピーの教室花音LINE
レッスンのご案内は、LINEでしております
友だち追加