植木鉢の特徴と道具のおはなし。

【はじめてでも失敗しない!ガーデニングを楽しむための9つのポイント】

 

今日は、「鉢の特徴や用具について」のお話をしたいと思います♪

寄せ植えを作ろうと思ったら、絶対必要なのが入れ物、鉢ですね~!

でも、その鉢、どうやって選んでいますか?

 

プラスチック、素焼き鉢、木製、ワイヤー製、ブリキ製…

いろんなものが売られています^^

 

プラスチックでできている鉢は、形も大きさも豊富で、軽量なのが魅力。

ですが、通気性に欠けてしまいます。

 

ただでさえ、日本の環境は植物にとってあまり好ましくない高温多湿…。

日本のジメジメに、通気が悪いのは…ちょっと困るのです(^^;)

2つ目のポイントでお話した、温度に関係しています。

 

そこで!

初心者さんにおススメなのが、素焼き鉢♪

大きさ・形も大小様々あり、レンガのような色合いをした鉢です。

この素焼き鉢、排水性と通気性に優れていて、どんな植物にも向いてるのです!

高温多湿・ジメジメお天気が続いても、鉢の中を蒸れさせないスグレモノ♪

見た目も、寄せ植えが自然風に仕上がり、どんなお家にもマッチしてくれるのも嬉しいところ。

というワケで、私も、素焼き鉢を愛用しています^^

 

園芸店やホームセンターで、小さいものなら100円程度から揃いますので

「小さい鉢に1つの苗」…そこから、ガーデニングライフを始めてみてください♪

 

鉢を選んだら、次は用具ですね!

シャベル、ハサミ、じょうろ、霧吹き、鉢底ネット、グローブなどを

100円ショップでゲットしてみてください!!

もちろん、用具類は、気に入ったものを使うとよりいいのですが…

最初は100円で充分です!

素通りしていたであろう、100均の園芸コーナー…実は、かわいいものがいっぱいありますよ(笑)

 

あ、寄せ植えを作るとき、鉢底ネット使っていますか?

鉢底ネットは、鉢の底に敷いて使う網状になっているもの、なのですが。。。

ただ、土が流れないように、穴をふさいでいるのかと思いきや…

「虫が鉢底から入ってくるのを防ぐ」

という重要な役割を担っていること、知ってましたか~!?

ですので、鉢底ネットを使う場合、しっかりとガムテープなどで四隅を固定しましょう!

固定が十分でないと、鉢底から虫が入ってきちゃいます(^^;)

 

虫によっては、根を食いちぎってしまうものもいますから…

せっかく敷いた鉢底ネット、無駄にならないようにしたいですよね♪

 

器も用具も、目的を知ったり、用途に合わせて使い分けができるようになると…

ガーデニング作業が快適になり、もっと楽しくなりますね (^^)/

次のポイント9:ガーデニングってなに?を読む

 

 

花音は、埼玉県熊谷市にあるアトリエで、 ハーブやアロマ・ガーデニングの各講座を通じて、 各家庭で簡単にできるガーデンセラピーの方法を伝えています。

公式LINEはじめました^^お友だち追加してくださいね♪

友だち追加

 

PAGE TOP