何度やっても、この植物が枯れちゃうのはどうして?!

【はじめてでも失敗しない!ガーデニングを楽しむための9つのポイント】

今日は、その2「温度」についてお届けします。

 

日本の気候は、温帯と呼ばれ、冬と夏の温度差があり、四季が楽しめるのが特徴です。

降水量も多く、高温多湿でもありますね。

ここ数年、夏の気温はめちゃめちゃ高いですよね…。

私の住んでいる、埼玉県熊谷市は、日本の中でもとても暑い地域で、毎年かき氷が手放せません(^^;)

そんな暑い熊谷で、野菜やハーブ、お花などを育てているのですが。。。

その中のハーブのひとつに、「ラベンダー」があります。

この写真がラベンダー。

テレビや雑誌などで、見たことがあると思います^^

 

このラベンダーのふるさとは、地中海沿岸地域です。

地中海…なんとなくさわやかな風が吹きそうなイメージ、ありませんか?(笑)

雨季と乾季があって、夏は30度以上・冬は氷点下、

空気はからっと乾燥している気候で生まれ育っています。

 

…ここでちょっと不思議に思いませんか?

高温多湿、夏の暑さは異常な熊谷と、からっと爽やかな地中海…

全然、気候が違いますよね!?

 

つまり、

日本の園芸店で売られている植物が、すべて日本の気候に適応している訳ではない!

ということです。

 

次に、日本について考えてみましょう。

 

日本の国土は、北海道から沖縄まで縦長です。

北海道の気候と、沖縄の気候では、当然違うことはお分かりいただけると思います。

ということは、

日本国内でも、住んでいる場所が違えば、同じ植物を育てようと思っても、無理があるのです!

 

あなたが、今まで植物をうまく育てられなかったと感じているのなら、この温度や気候が原因のひとつになっているかもしれません。

 

「自分の住んでいる土地の温度や気候に合った植物を選び、育てること」

これが、上手に植物を育てるポイントその2です^^

 

 

合わせて、冬の寒さ・梅雨のジメジメ・夏の暑さは、

たいていの植物にとって非常に過酷な環境であることも、知っておいていただきたいのです。

 

暑い街・熊谷でラベンダーを育てるには、梅雨のジメジメと夏の暑さ…

この環境そのものが、ラベンダーにとっては致命的なのです(>_<)

 

それでも、私のように「どーーしてもラベンダーが育てたい!」という方は…(笑)

・水やりを控えて、ジメジメさせないこと。

・混み合った枝は適度に切って、風通しよく育てること。

・雨の当たらない、涼しい場所に植える(鉢を置く)こと。

を徹底するしかありません!!

 

ちょっと元気がないかも…という植物は、あなたの庭の環境に合っていないのかもしれません。

そんな目で、お庭を見渡してみてくださいね♪

 

次のポイント3:水を読む


 

花音は、埼玉県熊谷市にあるアトリエで、 ハーブやアロマ・ガーデニングの各講座を通じて、 各家庭で簡単にできるガーデンセラピーの方法を伝えています。

公式LINEはじめました^^お友だち追加してくださいね♪

友だち追加

 

PAGE TOP