大切な植物が病気や虫にやられないために

【はじめてでも失敗しない!ガーデニングを楽しむための9つのポイント】

 

今日は、6つめ!

植物を育てていくと、病気や虫と遭遇すること、ありますね。。。

特に虫は…できれば見たくないですよね~(^^;)

 

病気や害虫による被害は、葉や根を食いちぎってしまうものだったり、カビだったり、いろいろあります。

 

今日は、アブラムシに例をとって、お話していきますね。

アブラムシは、葉や茎の汁を吸って、生育を悪くしたり、ウィルスを媒介したりしています。

ほとんどの植物が、このアブラムシの標的になり得るのですが…

標的になるのは、「植物自身のからだが弱っているもの」

つまり、元気のない植物を見つけて、寄ってくるのです!!

 

植物の好きな環境に合わない場所に植えていたり、水やりが多かったり…

前回までにお伝えした、「光・温度・水・土・肥料」のバランス

これが悪いと、元気のない植物になり、結果、虫や病気の標的となってしまうのです!

 

 

さて、こうなったらどうしたらいいと思われますか?

 

「殺虫剤をまきましょう!」

なんて、言わないでくださいね~(>_<)

むやみやたらと、殺虫剤をまけば、土の中にいる虫や微生物は一気に死滅してしまいます。

ますます、抵抗力を無くし、しかもアブラムシは全滅しないで、また発生する…

もう、アブラムシの天下です!!(笑)

 

そうならないために、私が実践していることをお教えしますね♪

 

1、早期発見・見つけ次第補殺・切除する

とにかく、よく観察して、じーーーっと植物を見ることです。

何か動くものを見つけるには、慣れるまで5秒ぐらい、かかるはず(笑)

見つけたら、病気にやられているところを切ったり、虫は補殺です。

 

2、対処法を知る

アブラムシには、牛乳を直接スプレーしてみましょう♪

牛乳をかけることで、窒息死させるのです。

それから、銀紙攻撃もあります(笑)

植物の足元に、銀紙を置くだけなのですが、

太陽の光が反射してまぶしくなるので、アブラムシが寄り付かなくなります^^

このように、困った害虫や病気の対処法を調べ、実践してみましょう。

 

3、虫を防ぐ植物と一緒に、混植する

アブラムシにはにんにく、センチュウにはマリーゴールド…

といったように、一緒に植えておくと、虫が来にくくなる植物もあります。

これをコンパニオンプランツと呼びます。

たくさんの組み合わせがありますので、これも調べてみると楽しいです^^

 

合わない環境で育てられていると、植物もストレスを感じ、無理がたたって、病気になってしまいます…

あなたの庭は、あなたが「植事部長」

適材適所に植物を配置することが、あなたの大事なお仕事なのです♪

 

光・温度・水、土の中の状態。

植物は、これらがそろったとき、イキイキした様子を見せてくれます。

私は、これが最高にうれしくて…

だから植物を育てるのが好きなのかもしれません♪

 

次のポイント7:花がら摘みについて読む

 

花音は、埼玉県熊谷市にあるアトリエで、 ハーブやアロマ・ガーデニングの各講座を通じて、 各家庭で簡単にできるガーデンセラピーの方法を伝えています。

公式LINEはじめました^^お友だち追加してくださいね♪

友だち追加

 

PAGE TOP