植物でストレスケア♪365日のガーデンセラピー

ハーバリウムってどのくらい持つの?

埼玉県熊谷市にある、ガーデンセラピーの教室花音-kanon-の堀です。

ハーバリウムが流行していますね。

ハーバリウムとは、プリザーブドフラワーやドライフラワーをガラスビンにつめて、透明なハーバリウムオイルと呼ばれるオイル(ミネラルオイル/シリコンオイル)を入れたもの。

フラワーアレンジメントの新しい形として、人気を集めています。

日当たりの心配もしなくていいし、お世話も必要ないし、水替えする手間もありません(笑)

結婚祝い・出産祝い・退職祝いなどで渡す方も多いですね~

ハーバリウムってどのくらい持つの?

ハーバリウムってどのくらい持つのですか?

とよく聞かれますので、今日はみなさまへもお伝えしようと思います^^

ハーバリウムの寿命は、おおよそ目安ですが、1年ほどになります。

液自体が悪くなるというよりは、中のお花たちが退色してくるため、きれいじゃなくなる…というイメージでしょうか^^

ハーバリウムは、外からの光を受けて反射し、キラキラ見えるような仕組みを持ったオイルを使っているのですが。。

その外からの光には紫外線が含まれ、紫外線に当たると、花材の色が抜けていく(退色)ことになり、だんだんと色が薄くなってしまうのです。

その抜けた色がまた良いと思えば、寿命は延びます(笑)

それから、中に入っているお花たちは、もともと生花だったものをドライ化していまして、その過程で水分が残っていたりすると、カビや藻が生えることもあります。

その場合は、寿命にかかわらず、処分したほうがよいかもしれませんね。。

ハーバリウムをなるべく長く楽しむためのコツ

ハーバリウムを長く楽しむためには、あまり紫外線に当てない事が大切です。

直射日光は避けて、レース越しの優しい光が入る場所や、日の光が入らないような場所に飾れるといいでしょう。

また、花材がオイルから出ていたりすると、その部分からカビが生えたりする可能性もあります。

購入時には、しっかり花材が液体に浸かっていることを確認しましょう。

倒してしまったなど、何らかのトラブルで液が少なくなってしまったら…

花材をピンセット等で出して、量を減らすのも〇^^

 

ハーバリウムは、手入れも必要なく、気軽に楽しめるフラワーアレンジメントです。

作るのも簡単ですので、普段お花を触ることがない人も作れますよ♪

ガーデンセラピーの教室花音では、11月・12月の単発レッスンでハーバリウムを作っていただけます

レッスン日はこちらでご確認ください

 

関連記事

PAGE TOP