植物でストレスケア♪365日のガーデンセラピー

震災から3年…

こんばんは、花とアロマとガーデニング教室 花音の堀です。

震災から、今日で3年…ですね。。。

被災地の方は、1日1日が長く、まだ3年か…という感じでしょう。

被災された方へ心よりお見舞い申し上げます。

2011年3月11日14:46…あの日のことは、よく覚えています。

ちょうど、出かける支度をしていて、突然揺れて…あわてて外に出たのですが、地面が揺れているので、どこにつかまっても不安定な、初めて体験する感覚でした。

熊谷の揺れは、棚から物が落ちた程度でしたけど、テレビから映し出される光景は…もう見ていられないほどで。。

魚市場が飲みこまれ、車が右往左往…あの人たちは助かったのか、今でも気がかりです。

この震災を機に、いつもスーパーに行けば物があること、スイッチを押せば電気が付くこと、トイレの水が流れること…日々当たり前で、何にも感じていなかったことがいかに多かったかを、考えさせられました。

夏の暑い時期の、計画停電も経験しましたが、結局停電になったのは数回だけ。。

日本人の復活精神はすごいと感じるとともに、この震災が過去になっている気がするんです。

あれだけ節電ができるんだから、多少不便でも、蛍光灯は半分にするとか、冷房も28度とか、それを続けていったらいいと思うんです。

喉元過ぎれば熱さを忘れる

って気がしてなりません。

原発が良い悪いと議論する前に、自分の生活を見直すことって必要じゃないでしょうか?

私は、あの日から、自分にできることを少しずつ、続けています。

1年目は畑を始め、自分で育てることを学びました。

2年目は節電・節水を意識して実行・被災地野菜を食べて復興支援を。

3年目は、使って捨てる紙ナプキンから、布ナプキンへシフトチェンジします。

被災された女性は、困っただろうし、仮設トイレにナプキンのゴミの山ができていたことが、ずっと記憶にあって。。。

使って捨てる・消費する一方から、多少不便でも繰り返し使える・自分で作ってみることを、これからもっと大事にして、生活をしたいと…今日のこの、節目の日にそう感じています。

一時的なことではなく、継続するということも、大事ですよね。

関連記事

PAGE TOP